2010年09月28日

リポビタンD、栄養飲み物ランキング1位

「ファイトー!」「イッパーッツ!!」で有名な、

リポビタンDが飲む栄養ドリンクランキングで1位だったそうです。

一般的に栄養飲み物と言われるものにも医薬品や医薬外品、
これに適合しない清涼飲料水など色々なジャンルがあるみたいですが、
そのような栄養飲み物のなかでももっとも話題を集めたのは、
《リポビタンD》のようです。

リポビタンDは、アンプル剤にパイナップル味をつけた
日本初の飲み物剤として1962年に誕生し、手ごろな
価格でおおくの人に愛されてきたとの事。
思うほど昔からあるなんてしりませんでした!
今販売されているのもいちおうパイナップル味なのかもしれませんか?
パイナップルっぽい、と言われればそのような気が
しなくても有りません。

《リポビタンD》につづく人気をゲットしたのは、
ハチミツ入りで甘くて口当たりがよく、ジュース感覚で
飲める栄養飲み物《オロナミンC》。
こちらは『元気ハツラツ!』っていうキャッチコピーで
有名ですわ。

正社員で独身だった頃は、激務で疲れピークのときなど
ユンケルの1000円くらいするのを飲んでいたものです。
あれ風邪の初期にも効くような・・・。
今は節約主婦なのでとってもではないですが
もったいなくて飲めません。
あ、あと、あんまり効果は感じませんが、味が好みなので、
リアルゴールインドも結構気に入って飲んでいたようです。
この頃は、栄養飲み物めっきり飲まなくなったなぁ・・・。


気合を入れてがんばりたい場合に飲む栄養飲み物ランキング
http://news.ameba.jp/gooranking/2010/09/82458.html


LOSTに出演中の真田広之さんも「ファイトー!」「イッパーッツ!!」

やってたんですね。三浦貴大さんて三浦友一の息子?ということは

母は山口百恵かースゴ!!
posted by MAC at 20:54| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

過体重や肥満の若者、親も冷遇アメリカ

お隣韓国は、成人肥満率は4%で、

成人全体の30%が過体重と把握されたそうです。

意外に多いように思いますが、

キムチとか健康によさそうな食べ物がいっぱいありそうですが、

アメリカの検証では過体重や肥満の若者は学校や社会で差別をうける可能性が

ある上に親からも冷たくあつかわれる傾向があることが分かったみたいです。

過体重や肥満の子供たちはこれまで複数の検討でも、
親から大学の学費を払って貰えない党傾向はあると言及されていたものでしたが、
北テキサス大学の検証チームによると、車を購買しようとした際にも
親からの支援をうけられない場合が少なくないことが分かったようです。

検証対象は17歳から26歳の大学生379人を対象に推進されてます。
ある程度身の回りのことが自分ができる年齢で、
親からしてみればダイエットもしないで太って・・・と、
呆れる部分もあっての冷たい仕打ちなのでしょう。

だけどそこに至るまでにはある一定の親の責任もついてくると思われています。
普通の食生活やプレッシャーなど年端のいかない頃は親がマネージメントしてきたものだし、
青年になったからもうしらない、ではわりと可哀みたいですよね。

そうなのはどういう感情から冷遇する行動に繋がるのかが、
わたしは理解にくるしみます。
太ってても我が子には変わりないわけで、
こういった検証結果が出た事自体ビックリします。

似たような検討を日本で具体化した場合どういった結果が出るのでしょう。
凄く関心のある場所ですが、実施するような機関はないでしょうね。


過体重や肥満の若者、親も冷遇する傾向=米検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000616-reu-int

何でも自己責任の国なんでしょうね、

ある意味自由な気質な国民といえそうです。
posted by MAC at 19:22| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。