2010年12月02日

渡部陽一『生涯忘れられない1年でした』

今年は渡部陽一さんTVに出ずっぱりという感じでしたね、

でも結構自分の仕事もしていたみたいです。

さらに来年は渡部陽一さん自身の目で見た事を改めて伝えていきたいと、

本業に注力する事を強調したみたいです。

型破りの語り口でブレイクしている戦場カメラマンの渡辺陽一さんが、
都内で開催されたセガトイズの『笑顔フォトコン試験』開催会見に
出席したようです。

彼にとって本年一年というのは本業であるカメラマン以外に、
色々な報道機関から出演問い合わせが急増し、
『これほど不審な都市はなかった。一生涯、
忘れられない1年になったといわれています。』と
非日常が続いた本年を振り返ったようです。


戦場カメラマンっていう仕事がら、命がけの実地での撮影がつづきます。
これだけの人気人になってしまったら、
戦場カメラマンは止めてしまってつづけられる限りタレントとして
活躍するっていう道ものこされているのに、
やはり渡辺さんにとって戦争をしらない世界へ、
戦場の実質的を伝えるっていう仕事に生きがいを感じているのだな、
ということが良く判明しました。

渡辺さんはご一族もいらっしゃるっていう事ですから、
無理をしない程度に戦場の悲劇な現況を世界に発信しつづけて
貰いたいとおもうと供に、
さっぱり報道機関から姿をけしてしまうのはもったいないので、
日本へ帰還したらTVに少しは出演してほしいです。


渡部陽一氏、来年は本業に注力 『生涯忘れられない1年でした』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101201-00000006-oric-ent


posted by MAC at 12:38| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。