2010年11月29日

市川海老蔵傷害事件で分かったこと

警視庁は市川海老蔵さんから提出された被害届を受理して、

傷害事件としては異例の捜査一課を投入し、

本格的に傷害事件として捜査する事とのなったそうです。

だとしても、なくした携帯電話が気になりますが、

データの流出があったら大変ではないですかね。

歌舞伎役者の市川海老蔵さん(32)が顔を殴られて重傷を負った問題で、
その後の細部がわかってまいりました。

海老蔵さんが酔いつぶれてたおれていた男性に因縁をつけたため、
いざこざになった見込みがあることが目撃者の証言などから分かったそうなんです。

当初海老蔵さんは『具合が悪くなった人を介抱していたら、
傍にいた人に殴られた』と話していたものでした。

そのため介抱したつもりが「因縁をつけた」と誤解された可能性が
あるともかんがえられます。

目撃者の話によると飲みつぶれていた男性に海老蔵さんが
『男だったら倒れてんじゃねえよ!』といい、
髪の毛を引っ張ったりこづくなどしていたといいます。
それを観ていた男性の仲間が激怒し、海老蔵さんに殴りかかったっていうのです。

そうなると海老蔵さんの話している内容と食い異なっていきますね。
海老蔵さんが酔って絡んでいたとしたら一切話は異なってきますよね。

目撃者の証言が幾ら信憑性をもてるのか、
海老蔵さんの受けとり方はどうなのか、
一番肝心な部位は海老蔵さんがどの程度酔っていたのかっていう点だと考えますし、
いろいろ疑問がのこります。



海老蔵流「介抱」を「因縁」と勘ちがいされた?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101128-00000045-spn-ent


ただかわいい新妻の麻央さんを困惑させるような終わりにはせずにほしいし、
家族の主の責任をもって生活を送ってほしいとおもいました。
posted by MAC at 14:58| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。