2010年11月28日

GARMINのハンディGPS

数あるGPSのなかでも多くの登山家が信用をおくハンディGPSの

ブランドはGARMINなのだそうです。

登山をするときに頼りになるGARMINからハンディGPSの

ニューモデルが現れたそうです。


性能を向上させながら価格は下げるっていう着目度NO.1のモデルです。

GPSは町歩きでもラクに運用出来るものですが、
今では登山の世界においても必須の装備になっているみたいです。


カーナビなどとは異なって登山用のハンディGPSは山岳地の
すごく寒いエリアや風にされされるなどのハードな仕組みに置かれても
故障は許されない性能が要請されています。

そのうえ携帯するものなので小型軽量が絶対要件であり、
加えてバッテリーのもつ時間なども高水準が糾弾されています。

そういった多彩な必要不可欠を突破するのが
GARMINの商品で、このカテゴリーにおいてはずっとトップシェアを
維持しているみたいです。

新規のモデルは9万9750円で普段の携帯にくらべると
ずいぶん高値な想像をもちますが、
昔のモデルが12万6000円していた事を考えていると
高率のプライスダウンが開催されたと言っていいと思います。



山歩きの頼りになるパートナー アウトドアGPSを試す…GARMIN Oregon450TC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101126-00000020-rps-sci


登山はあんまりしませんがこのようにGPSがもう少し定着すれば
遭難する人の数も激減するとおもいました。
posted by MAC at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。