2010年11月20日

ペットボトル入りボージョレ・ヌーボー

コスト削減のためペットボトルにワインを入れる!?

それだけで味が変わってしまいそうかも。

ただでさえ、外国からはるばる日本に輸送されるまでに

味が変わってしまうと呼ばれるのに、ペットボトルとは。

けれど今年限りのこととなりそうですね。

フランス産ワインの新酒『ボージョレ・ヌーボー”が
18日AM0時、解禁された。年々価格が下がり、
本年は1本(750ミリリットル)500円台のグッズが
現れたそうです。
ボージョレの輸入が本番化した80世代後半のバブル経済全盛期の
約5分の1で、バブルの象徴的製品が今や
デフレの象徴へと変わったとの事。

各社、円高や大量仕入れに加え、瓶より軽量で輸送費が
安くなるペットボトルにする事で低価格を実現、
大手ディスカウントチェーンのドン・キホーテ道頓堀店(大阪市中央区)は、
カウントダウンの後、日付が変わった瞬間、
1本578円で売られて、客から歓声が上がったらしい。


毎年、本年は買おう購買しようと思いつつ、本場で味わえないかなら
別にいいか、何購入しても一緒、となってきます。
ただ、メル○ャンなどの安いワインはさすがにわかりますけどね〜
深みが全然なくて。


<ボージョレ・ヌーボー>1本578円で売られても 大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101118-00000002-mai-bus_all


私はワインの舌は全然肥えていませんが、チリ、
イタリア、カリフォルニアあたりのワインがこのみです。
posted by MAC at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。