2010年11月15日

ナタリー・ポートマンのコメディー映画!

人気女優ナタリー・ポートマンさんといえば、

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」で

クィーン・アミダラを演じたことで有名ですね。

今回コメディー映画を執筆するにあたって、

ハーバード大学で心理学を専攻したことが役に立ったのかな?

そのナタリー・ポートマンさんがことがLAタイムズ紙で報じられています。

彼女は子役時代からハリウッドで奮戦してきた女優さんで、
とっても美しい風貌からは「コメディ」っていうことばは似合わないような気がします。

このコメディー映画は恋に関して不運つづきだった2人の女の人が、
私自身に最適と思った独身男性をそれぞれ自分たちが開いたパーティーに
相方てくるらしいですが、では、ひとトラブル起きてしまうかもという内容らしいのです。

ひともめごとということが「シリアス」ではなく「コメディー」ということが
怪異な感じです。

すでにそのシナリオをハリウッドのたくさんの作成&配給企業に送ったそうですが、
現在のところ契約には至っていないらしい。

あのようなにきれいな人がどういうようなコメディー映画のシナリオを書いたのか、
とっても関心があります。
それから今作ではナタリーさん本人が出演する女の人の一人を扮するようで、
プロデューサーもするスケジュールみたいです。
もう一人の女の人役には映画「アリス・イン・ワンダーランド」に出演した
アン・ハサウェイが興味を示しているっていう事ですから、
実現させるとなるとデラックス出演者でつくられる運びになるわけです。


ナタリー・ポートマン、コメディー映画を自ら執筆!アン・ハサウェイと競艶 か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101114-00000004-flix-movi

こんなに才色兼備な女優さんがシナリオを書き出演もするっていうのだから、
きっと映画化されると言われていますがどうなるでしょうね。
でもちょっと気になりませんか?

posted by MAC at 19:07| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。