2010年11月14日

犬の言葉を翻訳 バウリンガル for iPhone

以前「バウリンガルボイス」って言う、翻訳機がありましたが、

ホンと映画の字幕みたいに翻訳してくれて、

わんことの距離がぐっと近くなるツールでしたね、

今回(株)インデックス・ホールディングスから、

犬の鳴き声を解析して人間のことばで表示する、
犬語翻わけ機“バウリンガル”のiPhoneむけアプリケーション
「バウリンガル for iPhone」をリリースしたようです。

「バウリンガル for iPhone」は、犬語を変換する
従来のバウリンガル「ボイス翻訳」機能に加え、
翻訳結果を方言で表示出来る辞書が追加されており、
おまけに、ツイッターアカウントとの連携により、
翻所以後の愛犬のメッセージを投稿したり、
飼い主から返信したりする事が出来る
“バウイッター機能”が搭載されていることとの事。

ニャウリンガルっていうのも販売されていたのは御存知ですか?
ぜんぜん流行らなかったらしかったのですが、犬を飼う人と
ねこを飼う人のタイプの差なんでしょうかねえ、
犬好きとネコ好きってタイプが異なるので・・・
ネコ自由にはドライな人も多いような気がするので、
ニャウリンガルなんてよく分からないものは要らん、
となったかなーと専断的に予想。

私が今犬を飼っていたら、絶対にこのバウリンガル
ほしいですわ、iPhoneは所有していませんが、
このアプリの為だけに購入してしまう可能性もおおいにあり。
バウイッター、なんておもしろそうでは有りませんか!

もっとバウリンガル


犬の心情が分かる? 「バウリンガル for iPhone」出番
http://news.livedoor.com/article/detail/5135122/

私が今犬を飼っていたら、絶対にこのバウリンガル
ほしいですわ、iPhoneは所有していませんが、
このアプリの為だけに購入してしまう可能性もおおいにあり。
バウイッター、なんておもしろそうでは有りませんか!

posted by MAC at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
まっくのぶろぐ」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。